FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMWセダンとクーペの話

あけましておめでとうございます。

3か月振りの更新ということで。
記憶を頼りに、忘れないよう取り留めもなくかきとめたいと思います。

前回代車で3シリーズに乗りました。
実はまだ2回目の3シリーズ、初めてと言っていいほどちゃんと乗り比べることができました。

前回は感じることが出来ませんでしたが、改めて比べると、座面の高さが全然違います。
3シリーズはアイポイントが高く、車高の高さを感じる事が出来るイメージです。



ただ、私のフィーリングですので、実際はどうなのでしょう。
調べてみると、320iの最低地上高は140mm,我がグランクーペ号420iは、130mm。
なんかあんまり変わらないんですね。
目線の位置はもっと違う印象を受けましたが。

また、走らせると3シリーズはタイトで小回りの利く印象です。ふむふむ。
対するグランクーペ号はワイドアンドロー寄りですね。接地感が違います。

3シリーズは全幅1800mm,4シリーズは1825mm。
トレッドは3シリーズは1530/1570,4シリーズは1550/1600。

この違いを体感できるようになったという事でしょうか。
グランクーペもだんだん我が身に馴染んできたようです。

ホイールベースは同じで2810mmです。
最小回転半径5.4mで同じ。

乗れば乗るほど、同じようで違う車ですね。

正直、セダンとクーペの境目が曖昧でしたが、今回の代車ではっきりと違いがわかりました。

BMWって改めて凄いですね。ほかのブランドもこんなに小さな違いで、大きな違いを表現できているのでしょうか。
興味深いテーマです。

きっと、長年乗り続けていくほどに、作り手の思いが理解できるようになっていくのでしょうね。

これからも、大切に乗り続けたいと思います。

スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。