スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイタイム・ランニング・ランプの話

こんばんは。
暑い日が続いてます。

巷ではデイライト、と呼ばれる、昼間の常時点灯ライトを搭載する車が増えてきました。
被視認性が上がると同時に、見た目の存在感も増し、いいですよね。

わが愛車スーパーBMW号も購入からはや1年半ほど経ち、LCIも経験し、最新車両との装備の差を感じる事が多くなってきました。

そんな中、なんとなくBMWのブログを閲覧していると、ディーラーでのコーディングでデイライトが使用できるようになった、との事!
コーディング、とはあまり一般的では無いようですが、説明するとBMWなどの欧州車は世界各国の規制に合わせた設定を、ウインカーの点滅回数からデイライトの点灯設定などまで項目ごとに細かくできるようになっているようです。
もちろん正規販売後のコーディングはディーラーでは扱っておらず、基本的にはショップでのカスタマイズとなり、デイライトの点灯を筆頭に、項目も多岐に渡るようです。
ちなみに他のディーラーさんは分かりませんが、私のホームBMWモトーレン神戸さんでは、ショップでのコーディングを行った時点ですべての保証対象外となるようです。

話が逸れましたが、ざっくり説明するとこの度の法改正で、BMWのイカリングがデイライトとして認可を受け、日本国内において2017年3月生産以降の車は標準で搭載することが可能になったことと、それ以前の車両に関しては、BMWディーラーでのコーディング!によって堂々とデイライトを使用することができるようになったということです。

が、喜んだのもつかの間でした。
ブログの続きには、

≪対象車種≫
■1シリーズ 現行LCIモデル(2015/3生産以降)
■2シリーズ(クーペ/カブリオレ) 現行モデル全車
■3シリーズ(セダン/ツーリング) 現行LCIモデルのみ(2015/7生産以降)
■3シリーズ(グランツーリスモ) 現行LCIモデルのみ(2016/7生産以降)
■6シリーズ 現行LCIモデルのみ(2015/3生産以降)
■7シリーズ 現行G11/12モデル
■X3 / X4 現行モデル全車
■X5 / X6(含むX5M / X6M) 現行モデル全車
■i3 / i8 現行モデル全車
※2シリーズアクティグツアラー/グランツアラー/X1は2017/07生産以降で対応
※日中の運転中は常時DRLが点灯し、手動でのON/OFFの操作は出来ません。
※ヘッドライトが点灯時にはスモールライトと同じ明るさで点灯します。
※プログラミングに際して音楽データーが失われたり、設定が変更になる場合があります。ハードディスクの音楽データーは定期的に保存をお願いします(不意の故障においても失われる場合が有ります)

は、4シリーズはどこへ行ったのでしょうか。
しかし、BMWではこのパターン、割とよくあります。

週末は、BMWディーラーへ、優遇金利ドヤコヤ、対象は1シリーズ、2シリーズ、3シリーズ、5シリーズ、的な。

というわけで直接ディーラーへ電話して、担当営業さんに確認しました。
すると、4シリーズでも出来た事例があるかも…、ということで調べて頂けることになりました。

少し希望が出てきました、後は祈りながら待ちたいと思います。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。